11月21日(火) 11:10-12:20

テレビCMにも字幕を!
  〜情報のユニバーサルデザインとは〜

国際ユニヴァーサルデザイン協議会 研究部会
余暇のUDPJ

 平成28年度「字幕付きCM調査報告」によると、難聴を自覚している人は3,386万人、このうち「CMに字幕がついた方が良い」と考えている人は1,707万人もいることがわかりました。
 超高齢社会において難聴者は増えており、字幕付きCMの重要性は高まっています。
 長年CM字幕をテーマにしてきた当PJでは、これまでの取組みや聴覚障害者とCM字幕の現状、総務省の最新の調査結果をもとに、CMに字幕がつくことの効果と期待について紹介します。
 「CM字幕応援団」https://facebook.com/cmjimaku

ページトップ