11月21日(火) 13:00-14:00

データヘルス・健康経営の連携による
             効果的な健康増進

厚生労働省保険局保険課 データヘルス担当
野崎 展史

高齢化が進む我が国では、従業員の平均年齢が上昇し、生活習慣病等の疾病リスクが増加しています。体調不良による労働生産性の低下も懸念されています。

プロフィール

2010年 産業技術総合研究所にて、霊長類脳卒中モデルを用いた基礎研究に従事。
2011年から2017年3月まで日本理学療法士協会の政策担当として、診療報酬・介護報酬改定の交渉実務を担当。
2017年4月より保険局保険課にてデータヘルスの推進を担当。

ページトップ