11月22日(水) 15:00-16:00

病院経営の動向と今後について

独立行政法人福祉医療機構 経営サポートセンター
コンサルティンググループ チームリーダー 上村 知宏

平成30年度には、診療報酬・介護報酬の同時改定や、医療計画・介護保険事業計画の策定など、将来の医療提供体制について転換期を迎えることが予想されるなか、病院経営を取り巻く環境は厳しさを増しています。
今後の運営においては、自病院のことだけでなく、周辺の状況を把握し、地域事情に応じた役割を果たすことが必要となっています。
そこで、当機構のデータからみた病院経営の動向や、今後の経営におけるポイントなどについてご紹介し、今後の病院運営の一助になればと考えております。

プロフィール

≪現職≫
独立行政法人福祉医療機構経営サポートセンター
コンサルティンググループチームリーダー

≪略歴≫
平成11年社会福祉・医療事業団(現独立行政法人福祉医療機構)入職。医療施設を中心に10年間、融資部門に従事。また、社会福祉施設等の職員に対する退職金支給事業等にも従事。
融資部門においては、全国各地にある医療機関のうち、国・都道府県において各種政策上必要とされる施設整備事業に対し、行政や金融機関等と連携を図りながら事業計画策定時の相談・支援業務や融資審査業務を実施、多数の案件に携わる。
その後、株式会社千葉銀行へ出向し、医療・介護分野担当として審査業務に従事。
平成27年から現職。現在は、医療施設、社会福祉施設等に対する経営支援に携わるほか、医療関係機関・団体等に対する外部講演を実施している。

ページトップ