病院設備機器展

病院設備機器展とはAbout

  • 病院設備機器展とはどんな展示会ですか?
    HOSPEX Japanは1974年にこの病院設備機器展からスタートしました。同時開催の日本医療福祉設備学会で演題として取り上げられる、病院建築、設備に関する商材や医療機器、消耗材まで、医療施設で用いられる製品を幅広く対象としています。
  • どのような製品・サービスが出展しますか?
    病院の建築・設備・エンジニアリング、医療機器、看護・介護製品、医療勤務環境改善、医療情報・ICTゾーン、感染対策、書籍/関連サービスに関する製品やサービスが出展します。 出展対象の詳細はこちら
  • 出展のメリットは何ですか?
    病院設備機器に関する製品やサービスの導入を考える質の高い方々が多数来場します。貴社ならではの品質と技術・サービスを求める企業と中身の濃い商談ができます。

PAGE TOP

開催概要outline

名 称
病院設備機器展
会 期
2018年11月20日(火)〜22日(木)の3日間 10:00〜17:00
会 場
東京ビッグサイト 東ホール
(東京国際展示場)
主 催
一般社団法人日本医療福祉設備協会
一般社団法人日本能率協会
展示予定規模
400社/650ブース

※HOSPEX Japan 2018 全体

来場登録予定者数
22,000名

※同時開催展含む

入場登録料
(予定)
3,000円(税込)

※招待状持参者、事前登録者、官庁・地方公共団体、学生は登録無料

PAGE TOP

前回出展者の声voice

ミズホ株式会社 手術機器事業部 部長 冨永 剛 氏

多くの顧客に、自社のProducts&Salesを感じてもらいたい!

急性期医療機関を中心に、設備投資規模に限りが見えてきた昨今、関連する手術部も同様な状況に陥ってきており、弊社ではこのネガティブな背景を打破すべくHOSPEXへ継続的参加を行い、毎年新たな発想を展示テーマに掲げるようにしています。

HOSPEX 2017 ”新発想創造” 会期中は、最新の製品発信を軸に、アライアンス企業さまとの共同展示など、セールスのコミュニケーションスキルも利用し、満足度の高い内容で終了できました。B to Bソリューションのさらなる充実を目指し変貌しつつあるHOSPEXに期待しています。

ミズホ株式会社 イメージ画像

PAGE TOP

出展対象・来場対象Target

出展対象

  • 建築・設備・エンジニアリングゾーン
    • 空気調和設備
    • 情報・通信設備
    • 搬送設備
    • 給排水衛生設備
    • 廃水処理設備
    • 電気設備
    • 防災設備・クリーン設備
    • 医療用ガス配管設備
    • 手術部・中央材料部門
    • 設備・病棟設備
    • ICU・CCU設備 など
  • 医療機器ゾーン
    • 生体機能検査機器
    • 医用検体検査機器
    • 放射線診断・画像・診断装置
    • 治療用機器
    • 中央材料室用機器
    • 手術室用機器 など
  • 看護・介護製品ゾーン
    • 看護・介護ウェア
    • シューズ
    • 介護支援システム
    • リハビリ製品
    • 介護グッズ
    • 口腔ケア
    • 検診・ヘルスケア
    • 移動補助用品
    • 衛生用品、ディスポ用品
    • 健康器具
    • 福祉車両
    • コミュニケーション支援機器 など
  • 医療情報・ICTゾーン
    • 診療・看護部門システム(予約受付、ベッドサイドケアなど)
    • 健康管理IT製品・サービス(アプリ)
    • 中央診療部門システム(臨床検査部門システム、薬剤部門システム等)
    • 地域医療ネットワークシステム(クラウド、遠隔診断など) 
      など
  • 感染対策ゾーン
    • 空調管理関連
    • 設備関連
    • 防護服関連
    • 医療機器関連
    • 資材機器関連
    • 廃棄物処理関連
    • 消毒液、抗菌製品
    • 医療消耗品 など
  • 書籍/関連サービスゾーン
    • 書籍・メディア媒体
    • 医薬品・医材流通システム
    • 設備・機器リース・レンタル
    • 経営コンサルティング
    • 在宅医療サポートシステム など

来場対象

  • 病院
  • 福祉・介護施設の経営者
  • 医療従事者
  • 施設管理部門責任者
  • 建築・設計士
  • 管理栄養士・栄養士
  • 医療機器メーカー開発担当者 他

PAGE TOP

PAGE TOP