医療×AI/IoTゾーン

医療×AI/IoTゾーンとはAbout

  • 医療×AI/IoTゾーンとはどんな展示会ですか?
    医療現場へ「AI/IoT」の活用が大きく期待されています。データ蓄積活用や、業務効率化につながるサービスを提供するAI/IoT技術。HOSPEX Japanでは、医療の安心、安全を担保しつつ医療現場を支援する製品・サービスに関するゾーンを新設します。

PAGE TOP

開催概要outline

名 称
医療×AI/IoTゾーン
会 期
2019年11月20日(水)〜22日(金)の3日間 10:00〜17:00
会 場
東京ビッグサイト 西1・2ホール
(東京国際展示場)
主 催
一般社団法人日本医療福祉設備協会
一般社団法人日本能率協会
展示予定規模
400社/600ブース

※同時開催展含む

来場登録予定者数
17,000名

※同時開催展含む

入場登録料
(予定)
3,000円(税込)

※招待状持参者、事前登録者、官庁・地方公共団体、学生は登録無料

PAGE TOP

出展対象・来場対象Target

出展対象

医療×AI/IoTゾーン 出展製品イメージ01
医療×AI/IoTゾーン 出展製品イメージ02
    • AI問診・診断・予防支援
    • 画像診断支援
    • 手術支援
    • 医療・健康データの集積、分析、利活用支援
    • 遠隔医療システム、電子カルテ、クラウドサービス
    • 文献検索
    • VR・AR技術
    • ウェアラブル端末、センサー
    • ロボット
    • 見守りシステム・サービス
      など、次世代医療を担うテクノロジー

来場対象

  • 病院・福祉・介護施設の経営者
  • 医療従事者
  • 施設管理部門責任者
  • 建築・設計士
  • データ分析に携わる方 他

PAGE TOP

PAGE TOP