10月26日(水) 13:00-14:00

《日本慢性期医療協会主催セッション》
「回復期・慢性期リハビリテーションの効果
    〜主にFIMを用いた評価について〜」

医療法人社団 三喜会 鶴巻温泉病院 院長 鈴木 龍太

平成28年度の診療報酬改訂から回復期リハビリテーションにはFIMを用いたアウトカム評価が導入されました。今後Quality indicatorを用いた評価が診療報酬にも必須になってくると考えます。今回のセミナーでは、どのような症例にFIM利得効果が高いか、どのような患者を除外すべきかについてお話します。また、回復期・慢性期リハビリテーションでのFIMを使った評価の実例や、鶴巻温泉病院のリハビリテーションの取り組みについても言及します。

ページトップ