住まいに関する建材・部材・設備・サービスが一堂に会する日本最大級の専門展示会

出展者インタビュー


出展者インタビュー SFA Japan株式会社

店舗リフォームでの画期的な新提案を紹介する場として展示会を活用

SFAはフランスで創業し、60年以上にわたり全世界で「排水圧送ポンプ」の製造・販売を行ってきたリーディングカンパニーだ。全世界に展開し、トイレ増設などの住宅設備から商業施設内での業務用シンクなどに幅広く使われている。SFA Japan株式会社は日本市場に積極的に展開するため、2011年に設立された。代理店経由で販売網を広げ、導入実績を増やしている。販促全般も含め日本法人を統括する荻野氏に、展示会活用のねらいについて伺った。

店舗・商業空間向けの認知度強化をねらい、テーマ特化の展示会を選択

展示会を活用されている理由を教えてください

世界での展開は歴史が長いのですが、日本では2011年の法人設立から本格的な市場開拓とまだ日が浅いです。そのため、まずは多くの方に「排水圧送ポンプ」の便利さを知って頂く必要があります。展示会は工事関係の方や使用者となるテナント、店舗オーナーの方に直接商品の特徴を伝えられるいい機会だと考えています。
弊社商品の「排水圧送ポンプ」は持ち運びできるサイズで、キッチンシンクの下に取り付けるだけで排水のお悩みを解決できるのが強みです。見ていただくとその手軽さが一目瞭然なので、実物をご覧いただける展示会はマーケティング活動の一つと据えています。

今年、「店舗・商業空間デザイン展2018」を選ばれたのはなぜでしょうか?

日本能率協会の展示会は過去にもJapan Home & Building Showなど活用しているのですが、ちょうど弊社の今年度計画では店舗・商業空間向けの訴求にもっと力を入れようとしておりました。そこでテーマが特化されたこの展示会を活用することにしました。
最近よく伺うのが、商業施設の1区画を例えばアパレル仕様からカフェ仕様にリニューアルする計画です。アパレルでは不要だったキッチン設備を取り付けなければなりませんし、排水経路も必要です。本当は模様替えしたいけれども費用や時間がかかってしまってできないという話も聞くことがあります。そのような際に大掛かりな工事が不要で、安価で設置できる「排水圧送ポンプ」を知っていただくと、実現できる可能性が高くなります。「予算の都合で改装をあきらめていたけれど『排水圧送ポンプ』を使えばできるんだ」と思うお客様と展示会で出会えたらうれしいですね。

新しい選択肢を伝える機会として、展示会を積極的に活用

展示会ではどのようなお客様と出会うことが多いですか?

大きく二種類の出会いがあると思っています。一つは「こういうやり方があったんだ、知っていれば早く使ったのに」と言ってくださるようなお客様です。改装時に人手も工期もお金もかかってしまうという話をよく伺うのですが、弊社商品を知ることで選択肢が広がると思ってくださるのはありがたい反応です。
もう一つは「こんな風に簡単に排水の設計ができたらと薄々思っていたんだけれど、実際にそんな商品があるんですね」と言ってくださるお客様です。情報収集のために展示会を訪れ、そこで新しい技術・手法を知ってくださるお客様、今後取り入れていこうと話を熱心に聞いてくださるお客様との出会いは、大変うれしい機会です。

展示会後のフォローはどのようにしているのでしょうか?

代理店経由で販売しているため、事後フォローよりも展示会の場で商品の利便性を理解頂くことに注力しています。立ち寄ってくださったお客様に丁寧に説明し、納得していただけることが後につながるからです。年間で50万台以上の「排水圧送ポンプ」を製造し販売している世界で唯一のメーカーであるからこそ、お求めになりやすい価格でご提供しているのも弊社の強みなので、コストメリットについても展示会の場で直接お伝えしています。

設計上の課題をお持ちの方に直接提案できることを期待

今年の展示会にどのような期待をしていますか?

弊社の「排水圧送ポンプ」をご覧になったことのある方もまだ多くないと認識していますが、実機を展示する予定です。店舗・商業空間ではより安心・快適な空間にするためのリフォームが求められていると思いますが、設計やデザインの課題をお持ちの多様な方が集中的に来場することは大きな期待です。「こんな空間・水まわりデザインにしたい」を実現するための提案を、一件でも多くできたらと思っています。