住まいに関する建材・部材・設備・サービスが一堂に会する日本最大級の専門展示会

出展者インタビュー


出展者インタビュー 吉野石膏株式会社

幅広いお客様にアプローチができる

吉野石膏様には、ジャパンホーム ショーに 2011 年から毎年ご出展いただいています。その理由は?

理由はいくつかあります。一つ目がジャパンホームショーでは建築系展示会にもかかわらず一般の方に多くご来場いただいていること。 私たちのビジネスは基本的には BtoBになりますが、展示会ではその先にある消費者へも商品の特徴を伝えることができる重要な場です。施工店さんへの商品説明は技術的で、しかも効果を科学的に説明しますので、どうしても硬い表現になってしまいます。きちんとした根拠を示すので効果を明確に伝えることができますが、一方で一般のお客様には伝わりにくい。そこで展示会では消費者目線に立った商品説明をおこなうよう心がけています。その結果、施工店さんやハウスメーカーさんが私たちの展示会の資料をお客様の説明の際にも活用していただき、販売支援につながればと考えています。
二つ目は、他の展示会にも参加していますが、そちらにご来場いただくお客様とは違うお客様にご来場いただけることです。客層が違っていて、ジャパンホームショーならではのお客様に訴求することができます。おかげで結果的に幅広いお客様にアプローチできていると思います。
三つ目は、毎年継続して出店することで、認知度が増していることです。毎年来ていただくお客様もいて、「今年も出店しているよね?」と声をかけていただくことも多くなりました。弊社の認知が広がっているのは、ジャパンホームショーに毎年参加している効果だと思います。

ブース拡大でさらに認知が拡大

ブースご来場者の傾向は?

半数以上が工務店さんや設計事務所、ゼネコンさんになりますが、初めて来られる新規のお客様もいらっしゃいます。特にブースを拡大した年は、弊社が出展していることを知らなかったお客様にも来て頂けたようで、認知がグッと増えたと感じています。

展示で工夫していることは?

毎年、参加していますので、マンネリにならないように昨年とは違う新鮮な展示ブースになるように努めています。そのために、毎年、新しい展示手法を採用しています。昨年は初めてグループ企業を含めた合同展示にしました。2018 年の展示も昨年とは違ったものにしたいと考えています。

積極的なお客様が多いので万全の体制で

ジャパンホームショーのメリットは?

営業活動に活かすことができることです。お客様が何に関心を持っているかを直接聞くことができるし、傾向を把握することもできます。直接、お客様の反応を確認することができるので次回の展示会の材料にすることもできます。
会期後は、接客した情報などを社内で共有し、より良い展示や営業対応ができるようにしています。ジャパンホームショーは全国からお客様が来ます。沖縄からお客様が来られたこともありました。展示会終了後、最寄の営業担当者に連絡して、フォローを致しました。このようにジャパンホームショーはビジネスチャンスをつかむ貴重な機会になっています。この展示会では、詳しい説明を求められるお客様が多いですね。具体的な検討をされるお客様が多いと言えるかもしれません。だから、お一人に対して接客時間が長くなる傾向があります。ジャパンホームショーには商品に興味を持つ積極的なお客様がいらしていただけるので、弊社としても万全の体制を敷いています。会期中は、十分な技術説明ができるようスタッフの体制を整え、専門的な質問が寄せられても、しっかりとその場で答えられるような体制をとっています。今後もジャパンホームショーに、たくさんのご来場者が来ていただけるよう継続していただきたいです。