外構まわりから景観形成まで、屋外空間資材に焦点をあてた専門展示会

外構まわりから景観形成まで、屋外空間資材に焦点をあてた専門展示会


 サステナブル社会の実現に向けて、さらには環境保全や地域防災、街全体の資産価値の向上に向けて、街路、広場、公園、水辺等の公共空間(パブリックスペース)、オープンカフェ、緑化計画、景観照明等、現在至るところで多彩な景観・街並み形成がすすめられております。そういった中、来場者、出展者の関係者からの要望を受け、「第1回 景観・ランドスケープ総合展」を2017年11月新しく開催いたします。本展は『Japan Home & Building Show、(ジャパンホームアンドビルディングショー)』を総称として「第39回ジャパンホームショー」「第1回団地・マンションリノベーション総合展」他関連展示会とともに開催し、本業界の多くのご関係のみなさまの動員・交流を促進してまいります。本展の積極的なご活用をお待ちいたしております。

ご出展いただくことによる効果・メリット
集客その1

東1~6 ホール内でご覧の展示会が同時開催!!

会場構成案
集客その2
集客その2

日本能率協会が主催する30本以上の展示会やセミナーの来場者(参加者)データベース(約30万件)を活用し、多くの関係者の来場を促します。共催の一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会、一般社団法人リビングアメニティ協会、一般社団法人住宅生産団体連合会、公益社団法人日本建築家協会とも来場動員の連携をはかります!

問い合せ・各種資料請求はこちら