ヒューマン・ナレッジ(人間力)

コーチングセミナー
セミナー概要・特徴

●マネージャーとしてメンバーひとりひとりのやる気と可能性を引き出すためには、相手の話を聴きながら、効果的な質問を意識的に行なう、高いレベルのコミュニケーションスキル(コーチングスキル)が不可欠です。当セミナーでは、コーチングの前提となるマインドを理解した上で、現場で即活用できるコーチングモデルをご紹介します。

ねらい

●自分が当然と思っている前提を見直し、思考を柔軟にしたうえで、部下・後輩指導の意味とメリットを理解する。

●部下・後輩との効果的コミュニケーションという見地から、傾聴・質問・確認等コーチングコアスキルを、事例研究・ロールプレイの中で体得する。

●部下を育て、自身も成長する姿勢・心構えを作る。

会 期
【東京】 2019年10月17日(木) 13:00〜16:30
【大阪】 2019年10月4日(金) 13:00〜16:30
会 場
【東京】 国際ファッションセンタービル(東京・墨田区・横網)
【大阪】 新大阪ブリックビル(大阪市・淀川区・新大阪駅前)
対 象(参加の目安)
若手職員(入職10年以内) 中堅職員(入職10年〜) 管理者層
講 師
株式会社Skillpod 代表取締役 須見 庸子
プログラム
1.オリエンテーション

1)研修の狙い

2.新人・若手世代の思考・行動傾向

1)新人・若手気質/今むかし〜共通点と異なる点
2)新人・若手が定着する組織に学ぶこと
3)相手の弱点を長所に変えるアプローチとは

3.コーチングによる日常指導 事例@新人・若手の常識は世間の非常識

1)「ティーチング」と「コーチング」を使い分ける
2)態度・知識・技術、それぞれの教え方・行動修正の方向付け

4.フィードバックのトレーニング 事例A叱っているのに伝わらない

1)叱られることに免疫のない世代を叱るには
2)モチベーションを上げるほめ方・注意のしかた・叱り方
3)フィードバックケーススタディ

5.先輩・上司に求められるコーチングコミュニケーション

1)ビジネスコミュニケーションを見直す(話す・聴く・質問・確認・報連相)

お申込みログインページ
ページトップ