トピックテーマ(新課題・重要テーマ研究)

女性リーダーのためのキャリアアップ研究ワークショップ
セミナー概要・特徴

●多様な雇用形態が実在するチームや組織で、限られた人員、時間資源の有効活用による適正化による労働生産性向上と働きやすい職場づくりをしていくか。管理・監督者として必要な視点と施策を研究します。

ねらい

●チームや組織内での業務の見える化と効率化を時間資源という切り口から研究します。

●仕事の見える化、時間資源配分の基本的なノウハウを学びます。

会 期
【東京】 2017年6月12日(月) 13:00〜16:30 
【大阪】 2017年6月21日(水) 13:00〜16:30  
会 場
【東京】 国際ファッションセンタービル(東京・墨田区・横網)
【大阪】 新大阪ブリックビル(大阪市・淀川区・新大阪駅前)
対 象(参加の目安)
若手職員(入職10年以内) 中堅職員(入職10年〜) 管理者層
 
講 師
一般社団法人日本能率協会 自治体経営革新センター長  牧野光昭
プログラム
1.時間資源適正化が求められる時代

1) 価値観を変える必要性
2) 働きやすさ×労働生産性向上
3) 時間資源活用における状況把握
【演習】参加者各人の状況把握チェックと参加者による意見交換

2.時間資源適正化が滞る原因

1) 業務量と人員のバランス
2) 職場の管理力(PDCA)
3) 仕事の仕様・方法
4) 仕事環境(ソフト・ハード)

3.時間資源適正化の対策方向性

1) 対策方向性と期待される効果
2) 対策における役割(全学と各課)
3) 対策例と運用留意点
【演習】時間資源管理〜事業別業務プロセス・工数の見える化〜

4.まとめ〜実績に向けて〜

※参加者への御依頼事項各所属の有給休暇取得状況や超過勤務時間の情報を把握(お持ち)いただき、研修にご参加ください。

お申込みログインページ
ページトップ