クラウド型 環境情報統合管理システム 企業・団体活動における各種環境データの管理を効率化

トップページ > システム概要

システム概要

クラウド型システムにより環境情報の収集・分析の効率化を実現します。

データ入力されたシートを手作業で集計しないで済み、人為的ミスを未然に防ぐ事ができる。各種項目の自動化も図れる。

主な機能

排出量算定、データ集計機能
  • データ換算機能(CO2、原油)
  • データ集計機能(月次、エネルギー別)
  • 原単位算出機能(床面積あたりなど)
検索、出力機能
  • 詳細検索機能
  • データ出力機能(CSV形式など)
  • 定期報告書出力機能
  • 御社の様式に合わせた報告書出力機能(カスタマイズ)
マネジメント機能
  • 全社的削減目標、施設別削減目標管理機能
  • 削減目標シミュレーション機能
  • 施設別目標達成率管理機能
  • 入力チェック、メール送信機能
  • エネルギー使用状況コメント登録機能
  • 組織、拠点別フィードバック機能

クラウド型システムは事業所のサーバにインターネットを通じてアクセスし、アプリケーションソフトを利用するサービスのことです。
御社で、新たにデータサーバ等を購入する必要がありませんので、システムの開発費用、運用費用を抑えてサービスを提供します。

多様な集計方法

組織形態にあわせてデータを集計

  • 企業グループ集計(子会社を含む集計)
  • 企業本体集計(本体の施設の集計)
  • 部門集計(生産部の集計 など)
  • 施設区分別集計(オフィス集計・工場集計 など)
  • 施設別集計(施設単体の集計)
集計方法 イメージ図

本システムが対応する主な法令・制度

環境法や自治体条例などの対象エネルギーをはじめ、さまざまなデータを一元的に管理します。
御社が対象となる法令・条例などに合わせ、カスタマイズしてご提供いたします。

標準機能:省エネ法/温対法 その他、法令・条例などに合わせカスタマイズいたします。
  • 導入事例
Page Top