九州 施設園芸・農業資材展

農作物の生産、収穫、選果、加工、包装、販売における技術・サービス
が一堂に会する専門展示会です。


九州アグロ・イノベーション2018(旧:アグリ×フードプロダクツ展 2017 in 九州)は、今年で4回目の開催を迎えます。昨年度は、農業に関する技術・サービスの展示と、生産者が生産物を商品化する展示の要素を併 せ持つ展示会として開催しましたが、今年は、「九州施設園芸・農業資材展」と「九州アグリ・フードビジネス展」 に分割し、それぞれの専門展示会としてより分かりやすい展示を行います。

  • 農業技術に関する最新情報を得たい
  • 農作業をより効率化したい
  • 農業経営のヒントがほしい
  • 農産物をブランド化したい
  • 省エネ栽培、収穫予測など、革新的技術の機器
     やアプリを実際に見たい
  • セミナーを聴講して、最新動向をチェック
     したい
  • 新規就農や農業ビジネスへの参入を検討したい

  • 高付加価値の加工品に取り組みたい
  • 生産品の鮮度を保持する技術を見たい
  • 流通、消費者の動向をチェックしたい
上記のような課題にお応えする、ブース・セミナー・特別企画がございます。 ぜひご来場ください。

来場者の声

  • システム(サービス)の動きを実際に見れてよかった。
  • 具体的な実データだったのでリアリティがあった。
  • 新しい情報が一度に見られた!
  • このような種類の展示会にはじめて参加し、大変勉強になった。
  • セミナーを聴講し、ためになった。
  • 色々な角度から農業分野での知識を深められた。
  • 今後自分の会社に取り入れたい機能・機械を見つけることが出来た。
  • 次回も楽しみ、また参加したい。

主な出展物

農業資材・設備、農業機械、施設園芸関連、鳥虫獣害対策
6次産業化向け食品加工機器、農業支援コンサルティング、運搬資機材
包装・梱包資材、保管・収納、測定機器、エネルギー、農業参入受入自治体


※詳細は出展者・製品一覧 のページをご活用ください。

来場対象

生産者をはじめとする業界関係者、包装業界関係者、輸送業界関係者
農に関する組合・自治体・団体・官公庁関係者

開催概要

会期 2018年6月20日(水)・21日(木)9:30~16:30
会場 マリンメッセ福岡
主催 一般社団法人日本能率協会
後援 九州農政局
九州経済産業局
日本貿易振興機構(ジェトロ)
福岡市
九州農業成長産業化連携協議会
九州大学大学院農学研究院
展示規模 58社・団体/74ブース
来場登録者数 3,500名(予定)
入場料 1,000円(ただし、招待状・事前登録証持参者は無料)
同時開催展 第3回 九州ホーム&ビルディングショー
第1回 九州商業施設展
アドバイザリー
委員一覧
※順不同
・敬称略
<委員長>
甲斐 諭(中村学園大学 学長)

<副委員長>
北野 雅治(九州大学大学院 農学研究院 環境農学部門 生産環境科学講座 気象環境学分野 教授)
小島 孝之(佐賀大学 名誉教授)

<委員>
池畑 哲也(イオン九州株式会社 執行役員 九州商品開発部長)
諏訪田 敏郎(株式会社鹿児島銀行 自然部 部長)
木之内 均(有限会社木之内農園 役員 代表取締役 会長)
岡安 崇史(九州大学大学院 農学研究院 環境農学部門 生産環境科学講座 准教授)
波多江 淳治(九州農産物通商株式会社 代表取締役)
古川 拡(有限会社コセンファーム 代表取締役)
倉重 徳也(全国農業協同組合連合会 福岡県本部 本部長)
荒川 浩二(株式会社肥後銀行 執行役員 地域振興部長)
渡邊 勝吉(富士通株式会社 スマートアグリカルチャー事業本部Akisai事業部 シニアマネージャー)
井手 正宏(農事組合法人 豊地の郷 代表)
越智 昭二(郵船ロジスティクス九州株式会社 代表取締役社長)

来場事前登録