セミナー一覧

前日17:00まで聴講事前登録受付!!
満席の場合は立ち見となる可能性もありますが、当日受付可能です!!

↓ セミナーの聴講事前登録はこちらから ↓

  •  

セミナープログラム 【事前登録制・聴講無料】※敬称略

※プログラムは予告なく変更となる可能性がありますので、予めご了承ください。

  • 生産セミナー
  • 流通セミナー
  • トマト・出展者セミナー
10月4日(水)
10:15

11:00

施設園芸 強靭化時代の幕開け

佐藤産業株式会社


近年の自然災害は、全国各地に深刻な被害をもたらしています。「儲かる農業」実現の為に、資材メーカーができることは何か?考え抜いた末に辿り着いた施設園芸の「強靭化」について、開発事例を交えてお話しします。

10:30

11:30

「コックピット経営」で、企業的農業経営を強化する

株式会社日本能率協会コンサルティング 
アグリビジネスプロジェクト マネージャー シニアコンサルタント 今井 一義


企業的農業経営の要諦である「変化への対応と問題解決」について、コックピット経営で実態を見える化し、生産から販売の機能やマネジメントの充実化を図り、柔軟で迅速に対応できる人財育成のポイントを解説する。

10:30

11:30

情報化によるバリューチェーンの構築
 〜野菜品質評価指標デリカスコアに基づいて〜

東京デリカフーズ株式会社 研究開発室長 武井 安由知


一律に野菜の品質と言っても、その基準は野菜を取扱う関係者(流通業者、加工業者、消費者)によって相違がある。野菜の品質を4カテゴリーで指標化した全ての関係者が利用できる野菜の総合品質評価指標を紹介する。

11:15

12:00

マルハナバチの利用方針に基づく、在来種マルハナバチへの転換とその利用方法について (An explanation on the conversion to and utilization of native species bumblebee,  based on the usage policy of bumblebee in Japan announced by the government)

アリスタライフサイエンス株式会社(Arysta LifeScience) 光畑 雅宏

12:45

13:30

消費者ニーズに対応したトマト生産・流通の取組み
〜おいしさと健康機能性を非破壊測定・選果し、数値として見える化する方法〜

株式会社メディカル青果物研究所(デリカフーズ・グループ) 執行役員 有井 雅幸


トマトに対する消費者ニーズは「鮮度、おいしさ、健康」と言われる。品種を選択し、栽培手法を工夫することで「高糖度・高リコペン・高抗酸化力」トマトを高率に収穫、非破壊測定選果することで数値として見える化(表示)して、有利販売できるモデルを提案する。

13:00

14:00

独自ブランドのトマトを生産、高級百貨店への販売を実現

株式会社オリザ 代表取締役社長 藤井 優
株式会社船井総合研究所 楠元 武久


株式会社オリザは、グループで農業生産を行う傍ら同社が指定した品種や栽培方法で契約農場が栽培したトマトを一括買上げして販売す 契約栽培事業を営んでいる。高級トマトのブランド化に成功する事で高級百貨店などへの出荷を実現している。今回はこれまでオリザがどのようにして現在のビジネスモデルを築いてきたかについて対談形式でお話しする。

13:00

14:00

農産物安定供給のための「鮮度保持」と「貯蔵」技術

株式会社前川製作所 食品事業ブロック 課長 比留間 直也


食品のおいしさ、鮮度、安心安全や手軽さを求める消費者の声はますます強くなってきており、比例して加工用青果物の流通が大きく伸びている。一方、天候不順等で生産量が大きく変動し、実需者は原料の安定確保に苦労している。本セミナーでは新しい青果物のコールドチェーンの構築を目指した事例と課題を紹介する。

13:50

14:35

高付加価値トマトの安定生産を実現する!!
 〜IT活用と生産農場の体制づくり〜

株式会社井出トマト農園 代表取締役 井出 寿利

14:55

15:40

Photobiology Industry, Research and Application in Sanan Sino-Science

Sanan Sino-Science

15:00

16:00

新規就農者の活用はまず仕組みづくりから!!
 大規模農業生産法人が考える新規就農者活用の教育・経営方針

株式会社関東地区昔がえりの会 代表取締役社長 小暮 郁夫


弊社の”力“の源は、良品質の安定した栽培技術の指導を伴ったマニュアル化と”強み“を活かした販路開拓です。そして、コスト・生産効率を重視した経営マネジメント力の養成等でオンリーワン経営を目指すものです。

15:00

16:00

農産物集配における課題と今後の可能性

株式会社エムスクエア・ラボ 代表取締役 加藤 百合子


やさいバスR地域の共同配送網としての運行を始め、バス停とよぶ青果集配所は県内10か所程度。 まだ立ち上げて半年もたたないが、物の繋がりが人の繋がりに発展する可能性を感じている。

16:00

16:45

マイクログリーン栽培装置と3波長ワイドバンドLEDのご紹介

日本アドバンストアグリ株式会社


現在の植物工場ビジネスの課題は、どのような作物を作り事業採算を合わせるかが大きな課題となっている。 弊社は自社植物工場ビジネスを運営し、これまで経験してきた失敗事例を元に、今回マイクログリーン栽培装置のご紹介と生産品種について紹介。 光源については、蛍光灯時代より弊社ととして利用してきた3波長に拘ったLEDについても紹介する。

10月5日(木)
10:15

11:00

施設園芸 強靭化時代の幕開け

佐藤産業株式会社


近年の自然災害は、全国各地に深刻な被害をもたらしています。「儲かる農業」実現の為に、資材メーカーができることは何か?考え抜いた末に辿り着いた施設園芸の「強靭化」について、開発事例を交えてお話しします。

10:30

11:30

植物工場の最新動向と技術開発ポイント

千葉大学大学院 園芸学研究科  教授  後藤 英司

10:30

11:30

健康的で豊かな食卓提案の重要性
〜ITでわかる農産物の需要動向とその対応〜

オイシックスドット大地株式会社
サプライチェーンマネジメント本部兼商品本部 阪下 利久


農産物の需要動向がITでわかる時代だ。東日本大震災以降、健康的な食卓提案に対する需要は急拡大しており、とくに野菜の重要性は増大している。そこで生産から食卓までの合理的な供給体制構築を考えていく。

11:15

12:00

Greenhouse in a bag

ViViLab

12:45

13:30

JAPAN POINT
 − オールジャパンブランドによる日本産農産物輸出拡大事業 −

有限責任監査法人トーマツ 農林水産業ビジネス推進室 シニアマネジャー 早川 周作

13:00

14:00

大規模施設園芸の展開に当たり留意すべき制度等とその動向

農林水産省 生産局 園芸作物課 花き産業・施設園芸振興室 清水 治弥


近年、我が国においても、次世代施設園芸拠点をはじめとする大規模施設園芸の取組が広がりつつある。 大規模園芸施設の整備に当たり、留意すべき制度面・運営面でのポイントと最近の動向を紹介する。

13:00

14:00

イオンのオーガニックにおける最新取組と考え方

イオンアグリ創造株式会社 生産本部 事業企画部長 南埜 幸信


ヘルス&ウェルネスをテーマとするイオンの商品戦略の柱として、イオンの農産では、2020年までに取り扱いの5%をオーガニックにするという発表をしています。イオンのオーガニックの最新戦略と考え方をお伝えします。

13:50

14:35

『おいしさの見える化』野菜・果物の色から読み取る味情報
 〜モバイル端末(スマホ・タブレット)をセンサーとするおいしさIoTとAIの開発〜

―「見える化」技術概要とトマト・ミニトマトでのデモンストレーション―

山形大学理工学研究科 准教授 野田 博行/「おいしさの見える化」システム(マクタアメニティ株式会社)ブース

14:55

15:40

次世代トマト拠点の取組

イオンアグリ創造株式会社 代表取締役社長 福永 庸明


埼玉県久喜市次世代施設園芸埼玉拠点によるイオンアグリ創造鰍フ取組及び2009年会社設立から今までの取組と今後の方向性について

15:00

16:00

新規農業参入検討企業 必聴!
 栽培から販売までの支援モデルで収益性アップ

株式会社オーガニックソイル 事業推進本部 篠原 隆志


当社独自開発した微生物を多量に含む有機培土を活用し、市場付加価値の高い高糖度トマトを栽培する植物工場で次世代農業を実現。栽培、流通・小売から消費者まで見据え、初年度から収益性のある支援モデルを紹介。

15:00

16:00

GLOBALG.A.P.の最新動向と認証取得事例の紹介
 〜GAPへの取り組みで経営改善を目指す

一般財団法人北海道農業企業化研究所 企画部 セクションマネージャー 梅津 国英


日本と世界におけるGLOBALG.A.P.の現状。国内最大規模のグループ認証取得事例や農業高校での取り組み事例。 「家業」から「企業」へ、「生産者」から「経営者」へ、農業経営にGAPを取り入れることで企業化を図る。

16:00

16:45

オランダ施設園芸の最新動向
〜The Latest Horticultural Information in Holland〜

GRODAN Maarten Coelen(通訳あり)/日東紡績株式会社

10月5日(木)【関連セミナーのご紹介】
JAPAN PACK 2017<出展社プレゼンテーションセミナー >
11:30

12:15

「リアルハプティクス・ロボットハンドで掴む!
 〜軟弱で複雑な農産物・食品を扱うロボットへの挑戦〜」

シブヤ精機株式会社 小間番号:5P-08

10月6日(金)
10:15

11:00

”Large scale indoor farming of vine crops”
(注:vine cropsはトマト、キュウリなどのこと)

Here There & Everywhere

10:30

11:30

国際水準GAPの普及拡大について

農林水産省 生産局 農業環境対策課 農業環境情報分析官 栗原 眞


国際水準GAPは、国産農産物の2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会への供給のみならず、 輸出拡大や農業人材の育成など我が国の農業競争力の強化を図る観点から極めて重要であるため、引き続きGAPの普及を推進しています。

10:30

11:30

障がい者の活用で経営の黒字化を実現する。
脱サラで新規就農、7年目の挑戦。

株式会社船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント 楠元 武久
アルファイノベーション株式会社 代表 山田 浩太

11:15

12:00

国産大玉トマト50t/10aを達成した栽培管理

イノチオホールディングス株式会社 事業開発部 事業企画課長 鈴木 邦典

12:45

13:30

アメーラトマトの開発およびマーケティング

株式会社サンファーマーズ SFI総合研究所 所長 石戸 安伸


アメーラトマトは高糖度トマトジャンルの道を開拓し、収量よりは品質重視の技術開発を進めてきた。その品質は元より、安定生産にも努め、安全・安心の信頼を築くことで、お客様の感動を得るようブランディングを進めている。

13:00

14:00

農業革命〜IoT、ビッグデータ、AIが農業と社会を変える〜

東京大学 特任教授 平藤 雅之


農業現場で得られるデータは非常に少なく、これが生産管理のみならず農学の進歩を阻む障害となって来た。IoTによるセンシングは農業ビッグデータの構築を可能にしつつある。農業ビッグデータに基づく機械学習(人工知能)は多様なアプリの開発を可能にする。

13:00

14:00

ヤマトグループにおける保冷輸送サービスの取組み

ヤマトホールディングス株式会社 経営戦略担当 マネージャー 大河原 克彬


品質維持が必要な農産物の輸出においては、保冷輸送が重要になる。これを受けヤマトグループでは、高品質な状態での農産物の輸出を可能とした、国際保冷輸送システムを提案。さらに、輸送に対する国際基準への取り組みも紹介する。

13:50

14:35

トマト施設園芸栽培技術の最新情報

株式会社誠和 ソリューション室 室長 斉藤 章


トマトは収量だけではなく品質を向上させることで価値を高められる作物である。生産者の目標を実現するためには、施設や設備だけではなく、それらを活用する知識と技術が重要となる。これらの戦略と事例を紹介する。

14:55

15:40

消費者・実需者ニーズに自由自在に対応可能なトマト生産技術開発

農研機構 施設野菜実証プロジェクトリーダー 中野 明正


トマトは、安全、信頼性が高い、おいしいという基本的品質は維持しつつ、さらなる多様化が予想される。増大する複雑なニーズにどう対応するのか?トマト生産技術に関するプロジェクト研究の成果と展望について紹介する。

15:00

16:00

株式会社誠和のトマトパーク事業

株式会社トマトパーク 石川 昌子

15:00

16:00

最近の農産物輸出における傾向と課題

弘前大学 農学生命科学部国際園芸農学科 食農経済コース
(国際農業・食料経済分野)

准教授 石塚 哉史


震災・原発事故以降の輸出低迷を乗越え、増加傾向を示しつつある日本産農産物輸出の現状と課題を、@統計資料等による輸出動向の整理、A近年、先進事例産地等の取り組みの特徴に焦点をあてて、解説する。

前日17:00まで聴講事前登録受付!!
満席の場合は立ち見となる可能性もありますが、当日受付可能です!!

↓ セミナーの聴講事前登録はこちらから ↓

  •