会場@ 生産セミナー

前日17:00まで聴講事前登録受付!!
満席の場合は立ち見となる可能性もありますが、当日受付可能です!!

↓ セミナーの聴講事前登録はこちらから ↓

  •  

セミナープログラム 【事前登録制・聴講無料/座席数:各200席】※敬称略

※プログラムは予告なく変更となる可能性がありますので、予めご了承ください。

10月4日(水)
10:30

11:30

「コックピット経営」で、企業的農業経営を強化する

株式会社日本能率協会コンサルティング 
アグリビジネスプロジェクト マネージャー シニアコンサルタント 今井 一義


企業的農業経営の要諦である「変化への対応と問題解決」について、コックピット経営で実態を見える化し、生産から販売の機能やマネジメントの充実化を図り、柔軟で迅速に対応できる人財育成のポイントを解説する。

13:00

14:00

独自ブランドのトマトを生産、高級百貨店への販売を実現

株式会社オリザ 代表取締役社長 藤井 優
株式会社船井総合研究所 楠元 武久


株式会社オリザは、グループで農業生産を行う傍ら同社が指定した品種や栽培方法で契約農場が栽培したトマトを一括買上げして販売す 契約栽培事業を営んでいる。高級トマトのブランド化に成功する事で高級百貨店などへの出荷を実現している。今回はこれまでオリザがどのようにして現在のビジネスモデルを築いてきたかについて対談形式でお話しする。

15:00

16:00

新規就農者の活用はまず仕組みづくりから!!
 大規模農業生産法人が考える新規就農者活用の教育・経営方針

株式会社関東地区昔がえりの会 代表取締役社長 小暮 郁夫


弊社の”力“の源は、良品質の安定した栽培技術の指導を伴ったマニュアル化と”強み“を活かした販路開拓です。そして、コスト・生産効率を重視した経営マネジメント力の養成等でオンリーワン経営を目指すものです。

10月5日(木)
10:30

11:30

植物工場の最新動向と技術開発ポイント

千葉大学大学院 園芸学研究科  教授  後藤 英司

13:00

14:00

大規模施設園芸の展開に当たり留意すべき制度等とその動向

農林水産省 生産局 園芸作物課 花き産業・施設園芸振興室 清水 治弥


近年、我が国においても、次世代施設園芸拠点をはじめとする大規模施設園芸の取組が広がりつつある。 大規模園芸施設の整備に当たり、留意すべき制度面・運営面でのポイントと最近の動向を紹介する。

15:00

16:00

新規農業参入検討企業 必聴!
 栽培から販売までの支援モデルで収益性アップ

株式会社オーガニックソイル 事業推進本部 篠原 隆志


当社独自開発した微生物を多量に含む有機培土を活用し、市場付加価値の高い高糖度トマトを栽培する植物工場で次世代農業を実現。栽培、流通・小売から消費者まで見据え、初年度から収益性のある支援モデルを紹介。

10月6日(金)
10:30

11:30

国際水準GAPの普及拡大について

農林水産省 生産局 農業環境対策課 農業環境情報分析官 栗原 眞


国際水準GAPは、国産農産物の2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会への供給のみならず、 輸出拡大や農業人材の育成など我が国の農業競争力の強化を図る観点から極めて重要であるため、引き続きGAPの普及を推進しています。

13:00

14:00

農業革命〜IoT、ビッグデータ、AIが農業と社会を変える〜

東京大学 特任教授 平藤 雅之


農業現場で得られるデータは非常に少なく、これが生産管理のみならず農学の進歩を阻む障害となって来た。IoTによるセンシングは農業ビッグデータの構築を可能にしつつある。農業ビッグデータに基づく機械学習(人工知能)は多様なアプリの開発を可能にする。

15:00

16:00

株式会社誠和のトマトパーク事業

株式会社トマトパーク 石川 昌子

前日17:00まで聴講事前登録受付!!
満席の場合は立ち見となる可能性もありますが、当日受付可能です!!

↓ セミナーの聴講事前登録はこちらから ↓

  •