能率とマネジメント(知恵の箱)

日本能率協会が70年間の活動を通じて蓄積してきた情報をもとに、
知恵の箱として広く経営やマネジメントに関わる記事を発信します。

仏教と実業 (第26回一隅会より)

協和醗酵株式会社 会長
社団法人在家仏教協会 会長
加藤弁三郎氏 (当時の役職)

1972年8月19日、第26回一隅会においてご講演いただきました一隅会速記録をもとに、一部編集をしてお伝えいたします。
本講演内容は、ご自身の仏教とのかかわりをはじめ、仏念や在家仏教協会に関わる内容まで、実業と仏教のかかわりについて深い示唆を与えていただく講演内容です。

 

産業新時代と経営倫理

社団法人日本能率協会
会長 十 時 昌(当時の役職)

一隅会創立15周年(1985年)記念特別講演会の記念基調講演として記録をもとに、一部編集をしてお伝えいたします。本講演記録では、急きょ講演しなければならなくなった事情などの前段がありますが、本題からお伝えさせていただきます。

1985年という時代を想像いただくために、主な出来事をお伝えします。
前年(1984年)の1月9日に東商1部ダウ平均株価が初めて1万円台を記録し、7月に夏季オリンピック・ロサンゼル大会が開催。
1985年3月に科学博―つくば博が開幕し、4月に日本電信電話株式会社と日本たばこ産業株式会社が発足。5月には男女雇用機会均等法が成立。
ホワイトカラーの生産性向上やオフィス革新、またサービス産業におけるサービス向上に関心が高まりはじめるという時代でした。

 

マネジメントに活かせる文脈「人ありきの経営」

 異色の経営者 川嶋謙氏(アスクラボ株式会社 CEO)× 知恵の箱編集人

 アスクラボCEOの川嶋謙氏がアスクラボメールマガジンとして発信されてきたコンテンツを、知恵の箱編集人の視点から、そのコンテンツの切直しを試みるコラボコンテンツです。
 人をいかすこと、数字を上げることなど「経営と人」について考えるきっかけを提供することを狙いとしています。
 川嶋氏は、「課題解決は全社員で」「仕事ありきではなく人ありき」「人を活かす」など人間の本質を考えながら、経営と製品開発、サービス提供を実行されている経営者のおひとりです。(知恵の箱編集人より)

 

入社2年目、邦雄と学ぶ「会社の数字、基礎の基礎」

 “現場”“現物”“現実”の3つの“現”を重視する三現主義の考え方は、机上の空論ではない現実に即した問題解決を図るための戒めとして、JMAが長年にわたって重視してきた考え方です。
 ますます企業経営が複雑化・高度化する中、現実を捉えた問題解決を図るには「会社の数字」に関する知識が必要不可欠な武器となります。
 そこでこのシリーズでは「会社の数字」を利用するに当たり、必要となる知識を分かりやすく解説して参ります。

 

日本の能率を築いた人びと

執筆者:社団法人日本能率協会常務理事 中嶋誉富(当時)

本記事は、1987年「JMAジャーナル」において連載されたものを編集して掲載しています。
記事中の役職名や数字などは当時の原稿どおりとしています。