マネジメントに活かせる文脈「人ありきの経営」

 異色の経営者 川嶋謙氏(アスクラボ株式会社 CEO)× 知恵の箱編集人
 アスクラボCEOの川嶋謙氏がアスクラボメールマガジンとして発信されてきたコンテンツを、知恵の箱編集人の視点から、そのコンテンツの切直しを試みるコラボコンテンツです。
 人をいかすこと、数字を上げることなど「経営と人」について考えるきっかけを提供することを狙いとしています。
 川嶋氏は、「課題解決は全社員で」「仕事ありきではなく人ありき」「人を活かす」など人間の本質を考えながら、経営と製品開発、サービス提供を実行されている経営者のおひとりです。(知恵の箱編集人より)

高付加価値ビジネスを行うには(2007年11月5日配信)

付加価値の高いビジネスを行うには、売り手と買い手の間に利用技術なり情報なりの格差がないと成り立ちません。
また、買い手の立場で考えてみると、商品やサービスの購入を決定するには、当然のことですが色々な質問を行う必要があります。

この多くの質問に売り手の営業担当者が、個人的に答えるのは不可能であり、買い手側は会社としての回答を要求します。そのため、会社としての組織連携が必要となり、組織連携のためには情報共有が必須となります。

言い換えると、情報共有がなされなければ、高付加価値ビジネスはできないと言っても過言ではないと思います。
また、各担当者に恩恵がなければ情報共有は継続することができません。

知恵の箱編集人から

「毎日あった ちょっとした情報でも書き込みをしなさい」と命じても、継続は難しいのが事実でしょう。
継続するための恩恵とは、どのようなことを考えれば良いのでしょう。外発的動機付けならば、書き込みに対して、お金や賞を与えることが考えられます。しかし、同じ刺激では長く続くことはありません。一方、内発的動機付けとして、認められる、理解される、活用を感謝されるなどが考えらます。書き込むことで、自分の考えが伝えられ、同僚や上司が自分をさらに深く理解してくれて、書き込みに反応があれば、続けたいと思うというサイクルです。
内発的な動機付けから仕組みを運用することを考えることが、組織の活性化に1つでもあります。

アスクラボ株式会社

組織が待つ能力(組織力)を引き出し、営業力、提案力の向上と社内コニュニケーションの向上に結び付けることができるシステム「PROナビ」を開発、販売しています。また、川嶋氏自らの200社以上へのトップへの営業体験から作り上げた営業力を高めるための考え方、スキルを開示して、それらを普及ならびに指導なども行っている。
同社ホームページ:http://www.asclab.com/

最新のアスクラボメールマガジンは下記アドレスまで
http://www.asclab.com/category/mail_magazine/