マネジメントに活かせる文脈「人ありきの経営」

 異色の経営者 川嶋謙氏(アスクラボ株式会社 CEO)× 知恵の箱編集人
 アスクラボCEOの川嶋謙氏がアスクラボメールマガジンとして発信されてきたコンテンツを、知恵の箱編集人の視点から、そのコンテンツの切直しを試みるコラボコンテンツです。
 人をいかすこと、数字を上げることなど「経営と人」について考えるきっかけを提供することを狙いとしています。
 川嶋氏は、「課題解決は全社員で」「仕事ありきではなく人ありき」「人を活かす」など人間の本質を考えながら、経営と製品開発、サービス提供を実行されている経営者のおひとりです。(知恵の箱編集人より)

師の教え(2007年12月3日配信)

「信用されるリーダーになるために必要な条件は、身・口・意(しんくうい)を守ることである」

これは、私が日頃懇意にさせて頂き、師と仰ぐ地元のご住職より教えられたことです。
言っていることと思っていることが違ったり、言っていることと行っていることが違ったりすると、人は信用してくれません。

「思うこと、言うこと、行動を一致させなさい。そうすれば人はついてきます。」

自分自身を振り返り、深く反省させられた師の言葉でした。

知恵の箱編集人から

 今のビジネス環境の変化を考えると、成功のために大切なことは、スピードである。
 かつて朝礼暮改と言えば正しくない行為といわれた。しかしスピードが求められる中で、朝礼暮改さらには朝朝暮改も当然だという経営者もいる。
 改めることが決して悪いわけではない。大切なことは、改める際の心や考え方のあり方が正しさに基づいて、そうした内容を包含する表現ができることによって、人の行動は変わる。
 表面を作るだけではなく、内面から身口意を守るリーダーに、フォロアーはついてゆきたいと思うのだろう。

アスクラボ株式会社

組織が待つ能力(組織力)を引き出し、営業力、提案力の向上と社内コニュニケーションの向上に結び付けることができるシステム「PROナビ」を開発、販売しています。また、川嶋氏自らの200社以上へのトップへの営業体験から作り上げた営業力を高めるための考え方、スキルを開示して、それらを普及ならびに指導なども行っている。
同社ホームページ:http://www.asclab.com/

最新のアスクラボメールマガジンは下記アドレスまで
http://www.asclab.com/category/mail_magazine/