能率とマネジメント(知恵の箱)

日本能率協会が70年間の活動を通じて蓄積してきた情報をもとに、
知恵の箱として広く経営やマネジメントに関わる記事を発信します。

産業新時代と経営倫理

社団法人日本能率協会
会長 十 時 昌(当時の役職)

一隅会創立15周年(1985年)記念特別講演会の記念基調講演として記録をもとに、一部編集をしてお伝えいたします。本講演記録では、急きょ講演しなければならなくなった事情などの前段がありますが、本題からお伝えさせていただきます。

1985年という時代を想像いただくために、主な出来事をお伝えします。
前年(1984年)の1月9日に東商1部ダウ平均株価が初めて1万円台を記録し、7月に夏季オリンピック・ロサンゼル大会が開催。
1985年3月に科学博―つくば博が開幕し、4月に日本電信電話株式会社と日本たばこ産業株式会社が発足。5月には男女雇用機会均等法が成立。
ホワイトカラーの生産性向上やオフィス革新、またサービス産業におけるサービス向上に関心が高まりはじめるという時代でした。


「倫理」とは何か
経営の本質は何か
企業の存在
顧客にとって
従業員にとって
社会にとって
利潤について
倫理基準
経営と競争
競争とルール
産業新時代のルール
国際化について
アンフェア
技術開発について
新しい時代に向って