展示会概要

来場対象

  • ドローンを活用したい事業者
    • 政府機関
    • 自治体
    • 研究機関
    • ホビー
    • 警備
    • インフラ・メンテナンス関連
    • 物流
    • 放送・撮影
    • サービス など
  • ドローンの開発・設計者
  • ドローンを活用したサービスのエンドユーザ(事業者)

来場者業種別分類

※前回第2回国際ドローン展 来場登録者分析より

来場者の声

  • 千葉市長、航空局の方のお話を聞くことができましたが、世間でドローンがどのように使われ、どのような成果をあげているのか、社外の状況について知ることができたのは大きな成果でした。
  • ドローン飛行デモンストレーションについては、やはりドローンが実際に飛行しているところを間近で見ることができるというのは非常に有意義でした。他の展示会ではドローン自体の展示はありますが、それを見ても実感が湧きません。今回の企画はそういう意味で他の展示会と差別化できており、今後も継続してほしいと思います。
  • 電源(AC/DC・DC/DC)について主に見学にいきました。新製品の説明や問い合わせ内容が聞けて大変良かったです。昨年ごろから話題のドローンの飛行デモや関連商品等が多数出展されていて、大変興味が湧きました。バス車両と運行システム展については、次世代の改札機やシステム、防犯等の機器が展示されていて、近い将来のインフラを見ることができとても興味が湧きました。
  • 来場の目的は最新技術情報の収集、業界のトレンドを掴むこと、自社製品の使用部品置き換えのための情報収集でした。国際ドローン展は急速に伸びている技術領域のため興味深かったです。アジア各国の展示が工夫されており新鮮で、成果としては、業界のトレンドが掴めた事、部品メーカからの最新技術情報を得られたことでした。

※前回第2回国際ドローン展会期後来場者アンケート結果より