JFS-E-C規格

■JFS-E-C規格とは

フードチェーン全体における食品安全レベルのさらなる向上と食品安全にかかわるコストの最適化を期待する、一般財団法人 食品安全マネジメント協会が提供する日本発の食品製造業向けの規格です。
フードチェーン全体での食品安全確保のための取り組みを標準化し、自らの食品安全レベルを向上させることを目的としています。

審査対象のセクターは以下になります。

  • ET腐敗しやすい動物性製品の加工
  • EU腐敗しやすい植物性製品の加工
  • EV腐敗しやすい動物性及び植物性製品の加工(混合製品)
  • EW常温保存製品の加工

認証取得のメリット

内部へのメリット
  • 従業員の食品衛生意識の向上も含め、組織の食品安全 レベルが上がります。
  • 統一した管理基準を構築することにより、不良品の削減、社内外の監査コストを削減できます。
  • 社内プロセスの監視と是正処置を繰り返すことにより、継続的改善を図ることができます。
外部へのメリット
  • 共通の基準を持つことにより、同業他社だけでなくサプライチェーン全体における意思疎通がスムーズになります。
  • 安全で高品質な食品を製造、供給できることを証明し、食品安全に対するブランド力、イメージ向上など消費者、取引先へ向けた対外的なアピール効果が高まります。
  • グローバルなサプライチェーンに参入しやすくなり、輸出増加に繋がります。
資料請求/見積り依頼はこちら

JFS規格の全体像

JFS規格のモデル図

JFS規格3要素

  • 食品安全マネジメントシステム(FSM)
  • ハザード制御(HACCP)
  • 適正製造規範(GMP)

規格の構成

食品安全マネジメント(FSM)の企画構成図

食品安全マネジメント(FSM)の企画構成図

食品安全マネジメント(FSM)の企画構成図

一般財団法人日本食品安全マネジメント協会(JFSM)への登録料(JFS-Cのみ)

申請手数料
15,000 円/1サイト


年間登録料(初年度以降)
10,000 円/1サイト

システムガイド

PDFAA303(13版)付属書L

資料請求/見積り依頼はこちら

お問合せ先

一般社団法人日本能率協会 審査登録センター(JMAQA) CS・マーケティング部

[東京(本部)]
TEL:03-3434-1446   FAX:03-3434-2086
E-mail:
[関西事務所]
TEL:06-4797-2247   FAX:06-4797-2248
E-mail:

ページの先頭へ