ISO22000[食品安全マネジメントシステム:FSMS]

■ISO22000「食品安全マネジメントシステム」とは?

最終消費者に安全な食品を提供するために、食品に関わる一次生産から消費に至るフードチェーン内で発生しうる食品安全を脅かすハザードを適切に管理するための仕組みを構築することを目的とした規格です。規格の要素としては、ISO9001(品質マネジメントシステム)の考え方をベースに、HACCPや一般衛生管理事項のPRP(前提条件プログラム)等の要素が加わっています。

HACCP、22000、9001の関係

HACCP、22000、9001の関係図

食品安全マネジメントシステムの体系図

食品安全マネジメントシステムの体系図

取得のメリット

  • 顧客に安心を与え、信頼感が高まり、取引が円滑に運ぶ
  • 企業のイメージアップや知名度の向上、ビジネスチャンスの拡大
  • 自社の食品安全ハザードが明確になり、効果的な食品安全の仕組みを構築できるので、クレームへの迅速な対応、及び予防体制が整う
  • 経営者の理念、方針を組織の末端まで浸透させることができる
  • 社員の食品安全に対する意識改革につながる
資料請求/見積り依頼はこちら

お問合せ先

一般社団法人日本能率協会 審査登録センター(JMAQA) CS・マーケティング部

[東京(本部)]
TEL:03-3434-1446   FAX:03-3434-2086
E-mail:
[関西事務所]
TEL:06-4797-2247   FAX:06-4797-2248
E-mail:

ページの先頭へ