• ホーム
  • “アドオン審査”のご提案

アドオン審査のご提案

  • マイナンバー編
  • 食品業界
  • 医療・福祉組織
  • 運輸業界
  • 建設業界

経営者、総務・人事ご担当の方々へアドオン審査のご提案(マイナンバーを保護するために、必要かつ適切な安全管理措置が求められます!

マイナンバーに対するこんなご不安はありませんか!? CaseA. マイナンバー制度への対応は今の状態で大丈夫だろうか… CaseB. 社内で対応を行ったが、第三者に客観的に評価して欲しい CaseC. ISOを活かして、マイナンバー対応もできないだろうか このような皆さまからのニーズにお応えして本プログラムをご用意いたしました 通常のMS審査:審査報告書 プラス マイナンバー対応状況の報告書:審査の翌日 「特定個人情報の適正な取り扱いに関するガイドライン」を基にした適合状況を確認
利用の流れ
利用の流れ イメージ
本プログラムのメリット
  • 自社のマイナンバー制度への取組みの状況を第三者の視点から確認ができます
  • 現場・部署や要求事項など関心をお持ちのテーマに焦点を絞り実施できます
  • 既存の認証審査結果の状況を踏まえることにより、効率的に状況確認ができます

注)アドオン審査は、第三者審査登録活動とは峻別された独立したサービスです。

食品業界の方々へアドオン審査のご提案(組織の皆さまが審査に対してお持ちのこんな要望)

例:食品会社A社様 現在QMSを運用中 CaseA. 食品安全システムの仕組みでやっているが、FSSC22000の規格で現状を知りたい。 CaseB. まずは1工場だけがどうしてもFSSC22000と同等の管理が求められ、運用しているが、今の状況が知りたい。 CaseC. 食品安全の取り組みのうち、FSSC2200018項の食品防御だけが気になるので、それだけの現状を知りたい。…など このような皆さまからのニーズにお応えして本プログラムをご用意いたしました 通常のQMS審査:審査報告書 プラス アドオン状況の報告書:CaseA. FSSC22000を使い要求事項の適合状況のみを確認 CaseB. FSSC22000を使い1工場だけの要求事項の適合状況を確認 CaseC. FSSC22000を使い18項の食品防御のみを確認
本プログラムのメリット
  • 自社の食品安全システムを第3者の視点から
    FSSC22000取り組み状況確認ができます
  • ライン・工場や要求事項など関心をお持ちのテーマに焦点を絞り実施できます
  • 既存の認証審査結果の状況を踏まえることにより、効率的に状況確認ができます

上記以外の例
通常のQMS + フードディフェンス(使用規格:PAS96)
通常のQMS + 労働安全衛生(使用規格:OHSAS18001)

医療・福祉組織の方々へアドオン審査のご提案(組織の皆さまが審査に対してお持ちのこんな要望)

例:医療・福祉組織A様 現在QMSを運用中 CaseA. 情報セキュリティマネジメントの仕組みを運用しているが、ISO27001規格で現状を知りたい。 CaseB. うちは規模が小さいので、ISMSやPMSの対象ではないが、ISO27001の取り組みが求められ、運用しているが、今の状況を知りたい。 CaseC. 患者さんの個人情報保護の取り組みをして運用しているが、ISOやJIS規格でその現状を知りたい…など このような皆さまからのニーズにお応えして本プログラムをご用意いたしました 通常のQMS審査:審査報告書 プラス アドオン状況の報告書:CaseA. ISO/IEC27001(情報セキュリティの国際規格)を使い要求事項の適合状況のみを確認 CaseB. ISO/IEC27001(情報セキュリティの国際規格)を使い特定の事業所で要求事項の適合を確認 CaseC. ISO/IEC27001、又はJISQ15001を使い個人情報保護体制・運用のみを確認
本プログラムのメリット
  • 自社の情報セキュリティ活動を第3者の視点から
    ISO27001取組み状況確認ができます
  • 現場・部署や要求事項など関心をお持ちのテーマに焦点を絞り実施できます
  • 既存の認証審査結果の状況を踏まえることにより、効率的に状況確認ができます

上記以外の例
通常のQMS + 労働安全衛生マネジメントシステム(使用規格:OHSAS18001)
通常のQMS + 個人情報保護マネジメントシステム(使用規格:JISQ15001)

運輸業界の方々へアドオン審査のご提案(組織の皆さまが審査に対してお持ちのこんな要望)

例:運輸会社A社様 現在QMSを運用中 CaseA. 道路交通安全マネジメントの仕組みと取り組みをしているが、ISO39001基準規格からみた状況を知りたい。 CaseB. うちはフォワーダで車両を持たず、安全マネジメントの対象ではないが、ISO39001の該当項目に沿った体制で運用している。 CaseC. 道路交通安全の取り組みのうち、ISO39001の6.2項リスク分析だけが気になるので、それだけの現状を知りたい…など このような皆さまからのニーズにお応えして本プログラムをご用意いたしました 通常のQMS審査:審査報告書 プラス アドオン状況の報告書:CaseA. ISO39001を使い要求事項の適合状況のみを確認 CaseB. ISO39001を使い特定の事業所で要求事項の適合を確認 CaseC. ISO39001を使い道路交通安全の6.2項リスク分析のみを確認
本プログラムのメリット
  • 自社の道路交通安全活動を第3者の視点から
    ISO39001取組み状況確認ができます
  • 現場・部署や要求事項など関心をお持ちのテーマに焦点を絞り実施できます
  • 既存の認証審査結果の状況を踏まえることにより、効率的に状況確認ができます

上記以外の例
通常のQMS + 労働安全衛生マネジメントシステム(使用規格:OHSAS18001)
通常のQMS + 環境マネジメントシステム(使用規格:ISO14001)

建設業界の方々へアドオン審査のご提案(組織の皆さまが審査に対してお持ちのこんな要望)

例:建設会社A社様 現在QMSを運用中 CaseA. 労働安全衛生マネジメントの仕組みでやっているが、OHSAS18001規格で状況を知りたい。 CaseB. まずは1現場だけがどうしてもOHSAS18001と同等の管理が求められ、運用しているが、今の状況が知りたい。 CaseC. 労働安全の取り組みのうち、OHSAS18001 4. 3. 1項の危険源分析だけが気になるので、それだけの現状を知りたい。…など このような皆さまからのニーズにお応えして本プログラムをご用意いたしました 通常のQMS審査:審査報告書 プラス アドオン状況の報告書:CaseA. OHSAS18001を使い要求事項の適合状況のみを確認 CaseB. OHSAS18001を使い特定の現場だけで要求事項の適合状況を確認 CaseC. OHSAS18001を使い労働安全衛生の4. 3. 1項危険源分析のみを確認
本プログラムのメリット
  • 自社の労働安全衛生活動を第3者の視点から
    OHSAS18001取組み状況確認ができます
  • 現場・部署や要求事項など関心をお持ちのテーマに焦点を絞り実施できます
  • 既存の認証審査結果の状況を踏まえることにより、効率的に状況確認ができます

上記以外の例
エネルギーマネジメントシステム(使用規格:ISO50001)
環境マネジメントシステム(使用規格:ISO14001)

お問合せ先

一般社団法人日本能率協会 審査登録センター(JMAQA) CS・マーケティング部

[東京(本部)]
TEL:03-3434-1446   FAX:03-3434-2086
E-mail:
[関西事務所]
TEL:06-4797-2247   FAX:06-4797-2248
E-mail:

ページの先頭へ