医療・福祉施設のための設備・機器の総合展示会

企画・みどころ

今年の見どころ 〜「医療」と「物流」〜Pickup

ブースイメージ
ブースイメージ

※ブースイメージです

【映像展示】未来の医療体制と物流

20~30年後の未来では、病院に求められる機能がどう変化するのか?
設備面や、ヒト・モノの移動がどう変化するのか?映像展示でご紹介します。

企画協力 国際医療福祉大学大学院 高橋 泰 教授
未来の医療体制と物流イメージ

【企画展示】院内物流のスマート化+自動化ワーキンググループ

院内物流のスマート化+自動化ワーキンググループ

自動化が進んでいないヒト・モノの動き=「院内物流」に焦点を当て、短期・中期・長期的に実現可能性がある「自動化+スマート化」ソリューションについて企画展示を実施します。

ファシリテーター 佐賀大学 花田 英輔 教授
参加施設・企業 湘南鎌倉総合病院、川崎重工業、小西医療器、清水建設、三菱電機
特別協力 日本医療法人協会

【企画展示】院外物流

院外物流も日々進化しています。医療と最新のICTを融合した、院外から病院にいたるまでの「物流」について最先端の取組を企画展示にてご紹介します。
院外物流イメージ

PAGE TOP

学会連携企画HEAJ

病院設備設計ガイドライン(空調設備編)

併設開催の第51回日本医療福祉設備学会にて、病院の空調設備ガイドライン(日本医療福祉設備協会発行、2022年5月改訂)を取り上げたセッションを実施します。
病院設備の「運転・保守」に関する連携企画を実施します。

未来の医療体制と物流イメージ
企業展示 アズビル 見どころ・概要はこちら

病院の省コスト・脱炭素化・BCPをサポートするBEMSの紹介。「省エネルギー推進」は運営費の削減(省コスト)・地球環境保護(脱炭素)のみならず災害時の事業継続計画(BCP)※にも有効です。その省エネルギー推進に欠かせないエネルギー管理ツールである『BEMS(ベムス)』をご紹介します。
※災害時にエネルギー使用量(備蓄燃料)や給水使用量などを抑える観点から

竹中工務店/アサヒファシリティズ 見どころ・概要はこちら

竹中工務店 安心・安全な医療福祉施設は、確実な維持・管理(運用)がなされるように企画、設計、施工段階から配慮することが重要です。当社グループのノウハウを集積した多くの実績をご紹介いたします。 アサヒファシリティズ 医療福祉施設における空調設備は、快適性はもとより衛生的かつ安全な空気環境の提供が求められ、空気質を示す「温度・湿度・気流・清浄度」の4つの要素を正常な状態で維持・管理することが必要不可欠です。
当社がこれまで培った豊富な建物管理実績や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)禍の経験で見えてきた課題と対応から、医療福祉施設の「運転・保守」管理のポイントをご紹介いたします。

ケンブリッジフィルター
日本空調サービス 見どころ・概要はこちら

病院での省エネを諦めていませんか?
病院での省エネに行き詰まっていませんか?

病院は、院内環境を最優先に考える必要があるため、「余分」なエネルギー使用が見過ごされているケースがあります。
当社は、多くの病院を管理してきた中で、その「余分」を徹底的に見付け出し、その「余分」にアプローチすることにより、院内環境を守りながらの、効果的な省エネ活動を実践しています。

病院には空調が必要不可欠です。
当社は、会社名の通り、空調を通じてお客様により高品質なサービスを提供します。
空調を中心に、保守点検や常駐管理を元に、徹底的な施設把握と運用管理から導き出す、安心安全、かつ効果的な省エネ活動を、お客様とともに実践していきます。

  • 聴講無料
  • 事前登録制

※以下プログラムは予定です。発表者の都合により、セミナーの中止、テーマ変更になる場合がございますので、ご了承ください。セミナーは事前登録制となります。来場登録と併せてお申込み下さい。また、セミナーは重複する時間帯での登録は不可となっており、一部を除き1日3セッションまでお申込み頂けます。(敬称略)

10月26日(水)
14:00

15:00
【セミナー】
病院関係者の日々の業務に関係が深い病院設備の「運転・保守」と感染管理リスクアセスメント(ICRA)の概要説明
順天堂 大学キャンパス・ホスピタル再編事業事務局 課長
飯田 稔

カーボンニュートラル×BCP対策×固定費削減

固定費削減の中でも削減インパクトが強い「水・ガス・電気・エネルギー」などインフラ分野と、費用をかけて実施すべきであるBCP対策、カーボンニュートラルと、どう両立しながら実現してくのか、インフラの専門家によるセミナーと企業による事例紹介展示を実施します。
カーボンニュートラル×BCP対策×固定費削減イメージ
  • 聴講無料
  • 事前登録制

※以下プログラムは予定です。発表者の都合により、セミナーの中止、テーマ変更になる場合がございますので、ご了承ください。セミナーは事前登録制となります。来場登録と併せてお申込み下さい。また、セミナーは重複する時間帯での登録は不可となっており、一部を除き1日3セッションまでお申込み頂けます。(敬称略)

10月26日(水)
12:00

13:00
東京電力が提案する病院施設のBCP対策とカーボンニュートラルへの取り組み
東京電力エナジーパートナー株式会社
販売本部法人営業部都市事業ユニット 課長
沢崎 拓史
13:30

14:30
地域医療と水道局のBCP連携の取組
―病院設備の断水対策促進―
大阪市水道局
総務部連携推進課 課長代理
吉澤 源太郎
セミナー概要/プロフィールはこちら

セミナー概要近年、災害が起こるたびに地域医療の中心的な役割を担う病院が断水被害に見舞われるケースが多発しており、これにより救命医療に支障をきたす状況が数多く報告されている。病床に水が届かなくなる原因は、病院設備の損傷による場合も少なくない。本講演では、病院の断水に備えたBCPの作成の手順とポイントを総括し、病院設備の断水リスク因子とそれらの解消策を整理した調査研究結果を紹介する。 プロフィール ・情報学博士(京都大学)
・技術士(上下水道部門)

15:00

16:00
事前収録BCP対策と病院設備
厚生労働省 DMAT事務局長
小井土 雄一

PAGE TOP

PAGE TOP