11月20日(月) 14:00-15:00

福祉用具・介護ロボットに係る施策の動向について

テクノエイド協会 企画部長 五島 清国

当協会は、福祉用具の開発普及の推進を目的とした公益法人です。高齢化が進む我が国において、医療・介護施設等における福祉用具の利活用は喫緊の課題です。本年6月、政府が策定した「未来投資戦略2017」においても、我が国の優れたロボット技術を高齢者等の活動や参加、介護業務の効果的、効率的に活用しようと各種の政策を立案し実行を計画しています。本講はこうした状況を踏まえ、福祉用具・介護ロボットに係る最新情報を報告します。

プロフィール

1988/1 国立療養所岐阜病院
社会福祉・医療事業団(現:福祉医療機構)厚生省保健医療局(現:厚生労働省)
1993/2 公益財団法人テクノエイド協会 企画部 厚生労働省
介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会 構成員
経済産業省・日本機械工業連合会
ロボット大賞審査・運営委員会 委員
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)
ロボット介護機器開発・導入促進事業 審査委員

● 福祉用具・介護ロボットに係わる調査研究等を主に担当
高齢者及び障害者に係る事業
(高齢者に係る事業)
「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」の実施
「福祉用具情報提供システム」の運用
(障害者に係る事業)
「障害者自立支援機器等開発促進事業」の実施
「補装具費支給制度への借受け導入に係る制度のあり方に関する研究」の実施  など

ページトップ