11月22日(水) 11:00-12:00

CK・病院・福祉施設におけるこれからの
 食品・食材の生産・流通並びに仕入れ事情

業務用食品マーケットコーディネーター 上岡 次男

昨今、セントラルキッチン・病院・福祉施設では超高齢社会進展の中で食事サービスの更なる充実化や合理化の動きが活発化している。多くの現場では、美味しさの追求や安心安全の徹底等が基本の一方、新たな設備投資や新技術の導入・人手不足や予算管理等様々な課題を抱える。この解決には適切な環境づくりと食材の見直し・開発・共同仕入体制等が重要。社会環境や食材流通の現状を理解頂き、より良い現場運営が実現できるよう提言する。

プロフィール

昭和48年4月 現 東京三菱UFJ銀行 入行
昭和61年2月 株式会社サトー商会 入社
※業務用食品(=食材)専門商社 : 本社 仙台
同社在籍時、主に惣菜・中食、産業給食市場向け食材営業並びに仕入業務等に従事
・ 平成10年9月、業界紙主催「欧州の最新調理システム視察セミナー」に参加…クックチル調理の現場視察以来、セントラルキッチン(=集中調理施設)並びに欧米の外食事情等を視察の為10数回出向く
・ 食材の開発、同業者との共同仕入・販売に尽力…特に食品メーカー・商社各社との共同開発や開発輸入に
平成21年12月 同社退職(24年間在籍)
平成22年9月 独立開業(現職)
現在、惣菜・中食、業務用食品の生産・流通、在宅配食、セントラルキッチンを運営する企業と顧問契約、各種指導・支援等を行う

ページトップ