セミナープログラム

敬称略
聴講方法
入場登録者は聴講無料、当日先着順
定 員
100名
参加料
無料(当日先着順)
テーマ   3月9日(水) 3月10日(木) 3月11日(金)
包装の
国際化
11:00

11:40

「アセアン諸国の特徴と、進出する上での注意点」


一般社団法人日本食品包装協会
理事長
石谷 孝佑

「欧米における新しい
食品包装技術と包装食品のトレンド」

住本技術士事務所
所長
住本 充弘

「日本のユニバーサル
       デザイン」


味の素パッケージング株式会社
包装生産技術センター
 杳掛 勝則

フードロスに
包装・物流が
できること
12:00

12:40
 

「食品ロスの削減に
      むけて(仮)」


農林水産省 食料産業局
バイオマス循環資源課
食品産業環境対策室
石黒 裕規

「日本と世界の食品ロスの現状把握とその対策」

(株)Office 3.11 代表取締役
(女子栄養大学/石巻専修大学
非常勤講師・消費生活アドバイザー)
井出 留美

フードロス削減に向けた海外の動きと期待される包装技術」


有田技術士事務所
所長 有田 俊雄

出展者
セミナー
13:00

13:40

「新鮮な水産物・食品を
世界のマーケットへ」


(株)アビー

アイディーエイ×折田物産
パネルディスカッション
「中小企業の企業ブランド戦略実践」

(株)アイディーエイ

 
14:00

14:40

日本通運の食品
ロジスティクスと未来
〜安全で高品質な  
  日本食を世界へ〜

日本通運(株)
海運事業支店 事業統括部
(物流開発)課長
西重 学

日本通運の食品
ロジスティクスと未来
〜安全で高品質な 
  日本食を世界へ〜

日本通運(株)
海運事業支店 事業統括部
(物流開発)課長
西重 学

※発表者の都合により、セミナーの中止またはテーマが変更になる場合がありますのでご了承ください。

ページトップへ